HOME > MATERIAL | 金と銀 > ゴールド(K18)について


xCROWxNILxTAILxCOCKxで扱うゴールド(K18)について

芸術としての金、資産としての金。

ゴールドは、富と権力の象徴として人類史上の我々を最も魅了してきた貴金属マテリアルであるだろう。
過去史の金本位制が証明しているように、ゴールドはそれ自体が資産的価値を持つ金属であり、遥か古代から現代に至るまで珍重され続けている希少価値の高い物質である。
現代において、信用のみを拠り所として流通する紙幣などは、例えば、国家の破綻などによってただの紙切れとなってしまうリスクを背負った銀行券であるに過ぎないが、安定した価値を持つゴールドにはその不安がない点において、地球上で最も信頼のおけるマテリアルであると言える。

また、占星術をはじめとして、ゴールドは「太陽」を象徴する金属であるとされており、その概念は太陽車輪をブランドロゴとして採用している当ブランドのコンセプチュアルな使命にも共鳴するものである。

当ブランドにおけるゴールドは、シルバーの章で説明している硫化銀の機能によって集められた光エネルギーを現実世界に対して有効利用するための媒体としてその役目を果たす。
硫化銀によって蓄えられたエネルギーは、次にゴールドへと伝導し、核融合によって莫大なエネルギーを生み出す太陽のマクロコスモスとしてのゴールドの本質的波動によって、巨大且つ洗練されたエネルギーに整えられる。
つまり、硫化銀の機能によって得たエネルギーを増幅、調整する「光エネルギー増殖炉」としての機能を提供してくれるのである。

そしてゴールド自体の輝き、つまり光を放射する能力によって外界へ再放射される精錬されたエネルギーは、太陽系の支配者を模倣するかのごとく統合的で爆発的な影響力を外界へと及ぼすのである。
その輝きは、無明を照らす朝日のように、問題として分離していたあらゆる要因を解決へと導くための新たな視点を見いだすことだろう。

この影響は、直接的には作品を身につける者の願望に対して肯定的に働くこととなり、これこそがxCROWxNILxTAILxCOCKx for DEVILが世に向けて提唱する唯一無二の圧倒的ベネフィットなのである。


参照ブログ記事(金の頭蓋・銀の頭蓋) /「陽編 ~光エネルギー増殖炉としてのゴールド~」
陽編 ~光エネルギー増殖炉としてのゴールド~

xCROWxNILxTAILxCOCKx 創造責任者 臣咲貴王 著



ページトップへ