HOME > BRAND | 七大使命


ブランドコンセプト・事業理念

黒と金。
xCROWxNILxTAILxCOCKx(クロウニルテイルコック)が提供する製品ラインナップは、
シルバーアクセサリーというカテゴリーに属しておりながらも、そのヴィジュアルは他とは一線を画す独自性を放っている。
シルバーの全表面は燻し(いぶし)処理による黒化によって光の反射を拒絶しており、その傍らに悠然と輝くゴールドが鎮座する。

一体どのような経緯でこの異端的な世界観は創造されたのか。
ここでは、今に至るまでにブランドが辿ってきた宿命的なプロセスを紐解いていくとともに、
ブランドが背負う「七つの使命」について全七章に分けて解説していく。

第一章 ブランドの歴史

「xCROWxNILxTAILxCOCKxは、現実世界に対する物理的な働きかけによって、その存在を証明することを使命とする。」


2006年 原初の胎動、×黒×鬼×帝×國×の台頭
×黒×鬼×帝×國×

はじめに、当ブランド「xCROWxNILxTAILxCOCKx(クロウニルテイルコック)」のストーリーを語る上で、創造責任者及びクラフトマンである臣咲貴王が2006年に立ち上げたシルバーアクセサリーブランド「×黒×鬼×帝×國×(クロオニテイコク)」について解説しておく必要がある。

×黒×鬼×帝×國×は、「Jewelry of the Underground」というキャッチコピーの元、2006年4月に活動を開始した。
創作活動の根源的な動機は、現代の支配的な金融資本主義社会のピラミッドの下層で隷属的(れいぞくてき)に管理されている我々ホモ・サピエンスの行き場のない憤りをシルバーアクセサリーという形で発信することに重要性があると考えたからである。
言わば同ブランドは、支配階級に向けて翻す(ひるがえす)反旗を彷彿させる攻撃的なイデオロギー(観念形態)の表現媒体としてその存在意義を保持していた。
主たる作品モチーフをスカルに定め、角を持つ鬼髑髏(どくろ)リングをはじめとした作品を製品ラインナップとして積み重ね、培われたワックスモデリング技術は現在の制作スタイルにも通じるところがある。

しかしながら、プロトタイプである×黒×鬼×帝×國×は、原初のバイタリティーに対してクラフトマンとしての造形技術や知識、経験が追いついていないというジレンマを抱えており、よって経年とともに過去の作品に対して厳しい自己評価を与えざるを得ない状況に苦悩していた。
当時の苦悩は同時に、ブランドとして唯一無二のスタイルを確立したいという欲求を強めるきっかけとなり、結論として、ブランド名の改称と販売製品の心機一転という選択肢を容認することとなる。

そして2011年4月、造形技術の向上及び世界観の拡張を目的として旗揚げしたxCROWxNILxTAILxCOCKxと入れ代わりで、×黒×鬼×帝×國×はその活動の幕を下ろすこととなった。
尚、×黒×鬼×帝×國×期に発表された当時の作品群は現在では入手不可能となっている。


2011年 意図せぬシンクロニシティ、そして第二形態へ
xCROWxNILxTAILxCOCKx

xCROWxNILxTAILxCOCKxは全くの偶然から生まれた。

当ブランドがxCROWxNILxTAILxCOCKxという奇異で複雑なブランド名を冠している理由については、上述の前身ブランド×黒×鬼×帝×國×から理解できる。
すなわち、xCROWxNILxTAILxCOCKxは×黒×鬼×帝×國×の空耳英語から生まれた名称であるからだ。

×黒×鬼×帝×國×の読みに英語が当てはまることに気づいた時からxCROWxNILxTAILxCOCKxの構想は頭の中にあり、×黒×鬼×帝×國×での活動中からその概要は無意識的に温められていた。
そして熟考の末、技術向上の確信にあたる2011年4月を転換点としてブランド名を正式にxCROWxNILxTAILxCOCKxに改称することとなり、「神秘的マテリアルと退廃的世界観のケミストリー」のキャッチコピーと共に新たな世界観を目指す作品づくりを開始した。

この第二形態においては、貴金属マテリアルの神秘性に重点を置いており、燻し(いぶし)を全く施さない作品や白仕上げを用いたものなど、プロトタイプの分かり易い退廃性とは一線を画す神秘的な印象を追及した。


2016年 至上の第三形態、腐敗と富の統合
xCROWxNILxTAILxCOCKx

第二形態のxCROWxNILxTAILxCOCKxは実験場であった。

一般的なシルバーアクセサリーにみられる凹部の燻しと凸部の鏡面磨きによる仕上げテンプレートに反発するかの如く、鏡面仕上げに白仕上げを組み合わせたり、スカルリングの全面に白仕上げを施すなどの実験的な表現で需要の在処を窺った(うかがった)第二形態。
その中期においては、オンラインショップ上でご注文の際に作品の仕上げ方法を選択できるようにするなどの対応を図ったが、結果としてその寛容性がブランド自体の芯を揺るがしているのではないかという新たな疑念を生じさせることとなったのである。

ブランドはまたしても行き詰まりを見せた。
そして、暗中模索の末に打ち立てられたのが、2016年4月に「for DEVIL」ラインとして売り出された現在の様式、つまり、ゴールドとシルバー(硫化銀)の融合による悪魔的な世界観の誕生であった。
×黒×鬼×帝×國×の初期より使用していたルース(石)の要素を排除し、使用マテリアルを金と銀の貴金属のみに限定したオリジナルの表現形式。

これによって、ブランドは強固なアイデンティティを獲得した。
そして、2020年4月には第二形態以前の作品について全ての販売を終了し、for DEVILというカテゴリーを取り払ってxCROWxNILxTAILxCOCKxの標準仕様として統合し、以後この第三形態としてのコンセプトを踏襲する現行ライン作品のみを制作、販売していくという方針に落ち着いた。

見えざる諸力により、奇しくも五年周期で転換点を迎え続けた当ブランド。
以下第二章では、導かれるかのように宿命的な道筋を辿ったxCROWxNILxTAILxCOCKxというブランド名自体に隠されていたシンクロニシティ(意味のある偶然)について解明していく。



第二章 魔術的シンクロニシティ

「xCROWxNILxTAILxCOCKxは、ブランドの諸力を世に繁栄させることを使命とする。」


宿命に導かれたブランド
現代社会システムに対する憤りの感情をモチーフに展開された×黒×鬼×帝×國×の意志を受け継ぐブランドとして、空耳英語という言葉遊びによって偶発的に生まれたxCROWxNILxTAILxCOCKx。
しかし、驚くべきことにこのxCROWxNILxTAILxCOCKxという名称には、意図のない偶然から生じたとは思えないほどの理路整然としたコンセプトが内包されていたのである。
そして、この共時性こそがブランドの宿命を示すためのエビデンス(根拠)として機能することとなる。

xCROWxNILxTAILxCOCKxは、「CROW」、「NIL」、「TAIL」、「COCK」の4つの英単語を「x」で掛け合わせることによって形成されている。
この掛け算がなぜシンクロニシティであると断言できるのか、本章で順を追って解説していく。


アンビバレントの象徴、「CROW」と「NIL」
「CROW」は、「カラス」を意味することから「黒」を象徴しており、同時に、×黒×鬼×帝×國×の流れを汲む「黒」を暗示している。
対して「NIL」は「無、ゼロ」を意味し、黒の反対色である「白」を象徴。
CROWを負の感情(ネガティブ)とするならば、NILは正の感情(ポジティブ)であると言い表すこともでき、双方は「相反する概念」として捉えられる。


化学反応のフィクサー、「TAIL」と「COCK」
xCROWxNILxTAILxCOCKx

そして、「TAIL」と「COCK」は、逆にして混ぜ合わせると「混合酒」を意味する「COCKTAIL(カクテル)」という単語になる。
これらを総合すると、xCROWxNILxTAILxCOCKxというブランド名に、「相反する概念の混合」というイデオロギーを見いだすことができる。
つまり、第二形態における「神秘的マテリアルと退廃的世界観のケミストリー(化学反応)」というキャッチコピーであり、第三形態における硫化銀とゴールドの融合というコンセプトそのものであり、魔術的な呪文のようなこのブランド名自体が、世界に対して超自然的な諸力をもたらし得る可能性について訴えかけているのである。

また、「TAIL」は「尻尾」、「COCK」は「陰茎」を意味しており、それぞれの突起したシルエットをイメージすると、鬼の二本角が姿を現し、ここにも前身ブランド×黒×鬼×帝×國×の遺伝的要因としてのシンクロニシティを垣間見ることができる。

このように、意図せず導かれた名称の中にブランドコンセプトとリンクする意味が隠されていたことについて、偶然の一言で片付けてしまうことは最早論理的ではないだろう。
尚、この隠された意図に関しては上記が全てではなく、第五章、六章においても、本章では語り切れなかったシンクロニシティについて更に深く言及することとなる。




第三章 芸術としての金、資産としての金。

「xCROWxNILxTAILxCOCKxは、ゴールドを介して偉大なる叡智を外部へアウトプットすることを使命とする。」


叡智のアウトプット
xCROWxNILxTAILxCOCKxの作品群は、シルバーアクセサリー業界に定着している常識を真っ向から否定するかのごとく鮮烈なビジュアルで世に吐き出される。
シルバーアクセサリーとしての側面を軸としたシルバーは、燻し工程によって全表面に黒きドレスを纏わされ、更にそこへゴールドという絶対の物理的な付加価値があしらわれた全く新しい創造物としての異端なる様相は、当然のごとく世間に既存するシルバーアクセサリーとは一線を画すオーラを放っている。

本章では、当ブランドにおける視覚的世界観の二分の一を担うゴールドという貴金属が、現代社会という名の牢獄においてどのような役割を果たし得るかについて述べていく。…

≫ Read more | 続きを読む

芸術としての金、資産としての金。



第四章 退廃的硫化銀

「xCROWxNILxTAILxCOCKxは、硫化銀を介して真なる情報を内的世界へとインプットすることを使命とする。


真実のインプット
同じく当ブランドの物質的領域におけるもう半分を担う重要な貴金属としてのシルバー(硫化銀)については、果たしてどのような機能が任されているのだろうか。…

≫ Read more | 続きを読む

退廃的硫化銀



第五章 神聖なる吐瀉物

「xCROWxNILxTAILxCOCKxは、ブランドの作品群及び商品を人々の手に流通させることを使命とする。」

王に頭蓋を、人類に吐瀉物を
xCROWxNILxTAILxCOCKx

xCROWxNILxTAILxCOCKxの作品及び商品は「VOMITUS」と呼ばれる。
これは、当ブランドの作品群が、汚染された現代社会の情報摂取による拒絶反応としての吐瀉物(としゃぶつ)であるというコンセプトから生じた概念である。

2011年の設立当初のxCROWxNILxTAILxCOCKxは、ジュエリーブランドとしてシルバー(Silver925)やゴールド(K18)といった貴金属、そして半貴石をマテリアルとして使用し、スカル(頭蓋骨)などの退廃的なモチーフを題材としつつも、絢爛(けんらん)な色彩の作品を吐き出していた。
しかしながら、それらの作品群には上記に亘って見てきたブランドとしての確固たるコンセプトを完全に体現するに至らない印象が付きまとった。

そして、行き詰まった創造性の袋小路における暗中模索から生じた世界観こそが、現在当ブランドで展開中の硫化銀とゴールドの融合という結論なのである。
銀(硫化銀)と金の融合による全く新しいジュエリーの形。
地球視点における月と太陽のマクロな絶対的諸力を模倣するように、ミクロな世界観として体現されるシルバーとゴールドの融合体が、人々に対して超自然的な影響を及ぼすとしても不思議はないだろう。

当ブランドで扱う死という負のシンボルを想起させるスカルなどのモチーフを中心とした退廃的な造形は、人間が持つ不安や恐怖を象徴している。
そして、その誰もが持ち得るネガティブな心象を肯定的に利用し昇華するために、当ブランドの物質的な領域においては金と銀が使用されており、神秘的な力を裏づけるゴールドの出力的な陽の力と光エネルギーを吸収する硫化銀の入力的な陰の機能による均衡が保たれたこのセンセーショナルな永久的機関は、ファストファッションとして消費されるアクセサリーなどという稚拙な無用の長物としてではなく、現実世界を自らの意思でコントロールするためのツールとして活用することができると確信させる力がある。


意匠の支配力
xCROWxNILxTAILxCOCKx

第二章の魔術的シンクロニシティに付随する偶然のひとつとして、xCROWxNILxTAILxCOCKxの末尾の「COCK」と先頭の「CROW」を繋げると、「COCKCROW」となり、「夜明け」という意味を持つ言葉が出現する。
森羅万象における表裏一体の概念を、金と銀という貴金属マテリアルの統合によって表現することを理念遂行の手段とする当ブランドの作品群が放つ大いなる光は、盲目な我々が本当の意味での自由を獲得するための夜明けの光として機能するだろう。

そして、この円周上でブランド名の尾と頭が繋がったシルエットは、自らの尻尾を呑み込もうとする蛇の姿に象徴される「ウロボロス」の概念に重ね合わせることができ、このモチーフはブランドロゴのデザインにも応用されている。
また、ロゴの中心にある二つのハーケンクロイツ(鉤十字)と日の丸を掛け合わせてデザインされた太陽車輪のシンボルマークは、当ブランド作品にブランド刻印として打刻されているシンボルでもあり、ここにも夜明けのイメージを喚起させるシンクロニシティが埋め込まれている。

≫ All VOMITUS | 作品ギャラリーを見る



第六章 コンセプチュアルな使命群

「xCROWxNILxTAILxCOCKxは、ブランドが齎す世界観によって、社会の望ましい方向への変革を促すことを使命とする。」


第二章にて、論理的な解説をしてきたxCROWxNILxTAILxCOCKxのブランドコンセプト。
相反する概念の運命的調和が織り成す芸術的資産の提供及び情報世界上への知的財産の創造を事業理念に掲げつつ、地球上で被支配者として虐げられている我々人類の惨状に変革をもたらし得る叡智の模索に精進している。
このコンセプチュアルな事業理念、使命の最終的な目的はどこにあるだろうか。

人類という存在の愚かさの象徴として、これまでの歴史の中で生み出されてきた環境問題をはじめとする幾多の負の遺産については、現代社会の惨状を目の当たりにすれば火を見るより明らかなはずである。
表面上は滞りなく機能しているように見える社会基盤ではあるが、所詮は浄化不能な史実に死化粧で蓋をして取り繕っているに過ぎない。
にも関わらず、文明社会に投獄された我々のほとんどは、これらの諸問題に対して無頓着な生活を送っており、いわゆる金融資本主義社会の檻の中でいかに生命を維持するかという低俗な目的意識に人生のフォーカスを当てている。
この矮小な意識の源泉はどこにあるのだろうか。

死と生、悪と善、女性と男性、月と太陽、醜さと美しさなど、我々の根本的な精神構造は相反する陰陽の二元性によって構成されている。
この二元論的な精神世界が物質世界に反映したものを、我々は現実世界として認識しているのである。

生存という本能的な目的を持つ我々人類は、陰の極限的要素、つまりは、「死」という現象に繋がる選択を避けることによって繁栄してきた歴史を持つ。
よって、死をはじめとする陰の要素に対して、過剰な忌避(きひ)反応を示すような思考回路が遺伝子レベルで刻み込まれているのである。

そして、現代社会という名の牢獄は、このネガティブな感情を利用することによって我々を行動へと駆り立てる。
つまり、労働して賃金を得なければ死んでしまうという恐怖を植え付けることによって支配を行使しているのである。

このような支配的な社会を成立させ得る人間の欲求という生理的現象にフォーカスすると、xCROWxNILxTAILxCOCKxの「CROW」は、生ごみを漁るカラスのような「貪欲さ」に、無の象徴としての「NIL」は吹き消された欲望のように静かな「涅槃(ねはん)」に当てはめることができる。
更に、「TAIL」は享楽への誘惑を振り払うための「尻尾」として、「COCK」は繁殖としての隆盛を要求する「陰茎」にそれぞれ例えることができ、人類の原罪が創り上げた世界の二元性の象徴として捉えることができるのである。
そして、ここに不条理な支配構造の下に成り立つ現代社会に対する疑問符としての情念が込められていることが読みとれる。

相反する概念の融合を唱えるxCROWxNILxTAILxCOCKxの本質は、この陰なる事象にのみフォーカスを当てるのではなく、また、反対に陽へ向かおうとするポジティブな心理のみを拠り所としているわけでもない。
それら陰陽の二面性を分離させて考えるのではなく、統合させることによって生じる善とも悪ともとれぬ巨大な理念を通して、もはや救いようのない受動的な社会システムを変革へと導き得る叡智を獲得すべく活動しているのだ。



第七章 未だかつてない悪魔に…

「xCROWxNILxTAILxCOCKxは、当ブランドに接触した人々の意識を未だかつてない超人的な領域へと導くことを使命とする。」


死の恐怖をドグマとするマネー崇拝の原理が、我々個人の思想体系にまで侵入することを許してしまった現代社会。
それは即ち、我々がその支配力より愚かであるからに他ならない。

ならば、社会変革における前菜としての根底的手段は、我々一人ひとりの意識改革を遂行することであるだろう。
そのために我々は、支配力に屈することのない知恵と精神性を獲得すべきなのであり、そのためにはまず、人々を死の恐怖に対するネガティブな回避行動へと促すことによって卑劣に支配力を行使している支配者という名の私達一人ひとりの中に巣食う負の側面、つまりは「悪魔」を意識的にあぶり出すことが必要となるだろう。
まず、二元の側面を認識することによって初めて、当ブランドの製品ラインが事業価値を提供すべきターゲットにフォーカスを当てることが可能となるのだ。

マスメディアを通して支配力が発信する秀逸なプレゼンテーションに屈服した隷属的凡人としてのほとんどの我々に対し、啓蒙(けいもう)の意味を含めた意識改革を促すことによって、我々一人ひとりが自分自身の恐怖、つまりは、悪魔を完全に管理することができれば、支配力にコントロールされる必要はなくなるのであり、当ブランドは人々をそのような超人的な意識状態へ導くことによって、真に自由という光明を奪還しようという明確な目的意識を持って活動するのである。

そのためのツールとして、硫化銀とゴールドを二元性統合の象徴として融合させた作品群が機能することを願ってやまない。

xCROWxNILxTAILxCOCKx 創造責任者 臣咲貴王 著

xCROWxNILxTAILxCOCKx


ページトップへ